Eyes Arc in 石垣島真喜良小学校

金沢医科大学のチームが、「小児期に浴びた紫外線量と将来発症する目の病気の関係」を調査するために行っている「継続的な検診によるデータ収集」。今回沖縄県石垣島の真喜良小学校で実施されるということで、11月20日~弊社スタッフが同行させて頂きました。

児童の皆さんは金沢医科大学 佐々木教授による検診にはお行儀よく協力してくれ、初坂先生の講話にも熱心に耳を傾けていました。

調査後、野球少年達にお話し聞いてみたところ「今回の講話を聞いて、裸眼で練習する危険性・サングラスの必要性をとても感じたけど、みんなで掛けないとボク達だけサングラスをしてたら変に思われちゃう。。」と。正に私たちが直面している問題に悩んでいました。

 

2018年12月14日